(腐)旅行日記

腐ってたり、旅行いったり、ゲームしてる

ある年齢になると女は狂うという現代のホラー

残暑厳しい折、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたしは祖母が倒れ実家に帰っておりましたが、さいきん医者に「退院できるよ!」(CANであって、確定ではない)と言われホクホクしていたその数日後に玉突き事故もらいました。不幸と幸福が手を取り合ってスキップしてきている感があります。へけっ!

でも修理費は全部保険会社持ちだし、怪我もなかったです。

母が「いい経験になったね!( *´v`)」と言ってきたので、「誰にとって・・・?(まさか私にとって( ゚v゚)?)」と聞くと、「貴重な経験をしたね」と言い直されました。そう思うます。

 

旅行の写真データがすべて下宿先なので、旅行日記が更新できませんが、就職活動生として30前の女性は狂うというそんな苦じょっぱい話題でいこうと思うよ!

 

~回想~

数年前のこと。会社でかわいがってくれているお姉さんと、世間話をしていました。会社の愚痴、友達の話・・・。ふとお姉さんが言いました。

「女は30前になると狂うんだよ、占いにはまったり、ワーキングホリデーに行ったり。前の会社の社長令嬢が、子供を作って帰ってきてね」

「そうなんですか」という相槌しか打てないなごに、お姉さんは続けました。

「目的がないのに、海外行っちゃいけないよ」

お姉さんの友達は事務職で雇われたのに、気づいたら営業になっていたという、ちょっとホラーな状況に置かれており、カナダへ飛び立とうとしていました。お姉さんは友達を心配していたのでしょう。

そして、なごはこの話を心に留めて、どうせ狂うなら早いうちに狂っとかないと後悔するなと思っていました・・・

~回想終了~

 

ワーホリに行くとは続きません。英語はできるようになりたいけども、テロの嵐が止むまで、この緑うつくしいジャパンを離れるわけにはいかないのだ。

というか、旅行だったら現地のエージェントに頼れるけど、ワーホリは最悪飢える気がする・・・

(憧れはある。就職には英語力だけじゃ弱いかもしれないけど、プラスαの技能があれば需要はあるっていうし。なにより英語を身に着けるのに手っ取り早そうです)

 

話を戻すと、夢をみる年齢のひと区切りってことなんだなあと思います。結婚するにも転職するにも、方針を決める時期というか。

なんとなくワーホリに行く人が増えるのも、英語に興味があるんじゃなくて、自分の可能性が知りたいのじゃ・・・自分という食材を、どう調理するのか、決めたいのじゃ・・・。

 

なんでこの話題かって、つぎで最後の転職にしたいからだよ・・・。就職活動をする気力は、たぶんここで使い切るはず。

そうなると、お給料がそこそこで、福利厚生がしっかりしているところがいいな。でもいつ倒産したって変じゃないし、いざとなったとき困らないスキルが身につく場所・・・休みも土日が休日がいいなあ・・・でも英語を使って職業って華やかであこがれる。

道すじだけは無限に広がっていくし、どれを選んでも後悔しそうで、どれを選んでもそこそこ幸せになれそう。大量の求人をながめながら、この中から、どれだけの職を選ぶことができるのか、という気分もあり。

とりあえず、えらい人が言った「やりたいことがないときは、金を稼げ」という言葉は至言だと思います。とりあえず、面接いこう。