(腐)旅行日記

腐ってたり、旅行いったり、ゲームしてる

南欧+イタリア旅行 11~12日目

11日目

ミラノ

 

移動は割愛です。強いて言うなら、イタリア入ってから、遅延が多い。解散!

イタリア人は比較的小柄なせいか、座席も小さめ。日本人のミニマムさは、ヨーロッパではお得感あったのですが。

 

そして、びっくりしたんですけどツーリストインフォメーションが赤いんですよ!「ない!ない!」と探し回ってたら、主張の激しい赤いお部屋がインフォメーション!マップも有料!観光大国なのに!みらのぉーーーー!!

 

ところで、ミラノは旅行のプランナーと押し問答したくらい行きしぶった町でした。

テロ予告出てるんだもの。欲望に負けた。イタリア行きたかったから・・・プランナーに・・・己に負けた・・・。

いま思うと、わたし客なのに押し負けたってどゆこと💢💢💢

 

歩いていきましたが、街並みがお洒落。トラムが花柄でした~~。

だけど、町の巡回にライフル持った軍人さんがチラホラおられる。名指しされているドゥーモは厳重に守られております。広場が人多かったよ。

     f:id:gnago:20160808205701j:plain

     長い列ができてた

f:id:gnago:20160808205807j:plain

期待して食べたら、ぺちゃっとしてて美味しくないカツレツ・・・

 

帰り道に迷って、イタリアの美人のお姉ちゃんに道きいたら、すごーく親切だった~~インフォメーションでの対応に心が折れてただけに泣ける;;;;美人の上に心まで優しいなんて、ハレルヤ!!!

勧めてもらったバスはチケット買えなかったから歩いてったんだけど、そのあと二人に道聞いたときも、親切で、あっ優しい!!!って感動。

おばあちゃんは、「チーノ?(中国人)」って親し気にほっぺたペチペチやってきたから、「じゃぱん」と言ってたら、おおジャパン!ってにっこりして、えっあの、おばあちゃまSUKI・・・。

そして帰れる決め手となったお兄さんは、途中まで案内してくれて、スマホを駆使して、「パ、パ、パっ!(やたらリズミカル)」という謎の効果音とジェスチャーで道を教えてくれた。助かります;;;;

 

無事に帰れて、ホテルの人もやさしくて、世界は光で満ちていると思いました。あれだ、インフォメーションのお姉ちゃんは仕事熱心じゃないだけなんだ・・・。

 

ミラノっていうと、ジョジョですね。全然ミラノっぽいことしなかったからちょっと後悔してるんやで。

 

12日目

ヴェローナヴェネツィア

 

ヴェローナいってきました。ジュリエットの乳触りに?いえいえ。

ハウルの動く城」原作者DWJの作品、「トニーノの歌う魔法」の舞台だから、無理やり日程に入れました。わーーーーい!

DWJはイギリス人のはずですが、作者の写真見る限り、なんだかイタリアっぽいです。鼻の感じと、縮れた黒髪が。なのでやたらと、イタリアでは、「あの美人、DWJ作品に出てきそう・・・」と考えてました。

         f:id:gnago:20160808210112j:plain

         「おおロミオ!なぜあなたはロミオなの?」の窓

            f:id:gnago:20160808210206j:plain

       腕をさするジェントルと、乳を撫でまわすおばさまが好対照だった

f:id:gnago:20160808210644j:plain

可愛い街並み

 

ちなみに、イタリア人、美女が多くて、センスもよければ、顔かたちもうつくしい。

ジェラート食べながら、橋わたった~~。なんだろ、この橋。ウフフフフ。

 

    f:id:gnago:20160808210737j:plain

    美味しい

   f:id:gnago:20160808210828j:plain

   古い橋

f:id:gnago:20160808210932j:plain

謎のミイラ、この系統のパフォーマーがどの国にもいた 何者

 

そしてヴェネツィア。おばあちゃまに、「ヴェネツィアのことなら任せな!」と案内してもらって水上バスに乗ったよ、シニア専なとこあるのでキュンキュンだよ!!

 

f:id:gnago:20160808213540j:plain

有名な日本人御用達のお店へ。トラットリア アッラ マドンナ。

イカスミパスタ・・・ソースは美味しい気がするけど・・・うん・・・。マダムケーキ?っていうケーキは美味しかった。お酒も最高だったよ。

 f:id:gnago:20160808213630j:plain

最後に水上バスを終点まで行ってそのまま帰ってきました。歩くだけでも、小さな小路が雰囲気あります。帰りにホテルの前で、光る玉をパチンコで投げる男の子がいたので、ガン見してたら、「やる?」と見本まで見せてくれたけど、お断りしました。変なとこ飛ばしたら、まじすまない。

 

そうしたら、「君はセクシーな女の子だね!」と言われイタリア男って本当にセクシーって言ったりするんだとドキドキしました。「さ、サンキュー?」と言って、帰りました。たぶん社交辞令だけど、照れる照れる!!

 

でもイタリア男より、ラテンの男って感じの浅黒い肌の人のほうが、陽気で気さくで、さらりと口説いてくる。ヘタリアのスペイン兄ちゃんはどうしてあんなに鈍感だったのか。

知らない人に声かけられても、ついてっちゃだめだよ~~。

 

ちなみに、イタリアではおばあちゃん運がめっちゃよかった気がするですよ。おばあちゃま、ラブ。